自動車学校の試験の受け方とは

自動車学校の試験の受け方は、その学校によって異なりますが、受けるまでの条件はほとんど変わりません。受ける条件は、学科講習を全て受け終え、学科試験を規定回数以上合格していること、技能講習のみきわめで教官にOKを出されていることです。これらは教習手帳に記入されますので、あとは手帳を持って自動車学校の受付に持っていって、申し込みを済ませるだけです。申し込みに際に、開始時間や集合場所、バスの予約ができるので、受付の方の指示をしっかり聞くようにしましょう。卒業検定と仮免検定は交互に実施されることが多いので、自分の受けたい検定が実施される日をしっかりを確認しましょう。

自動車免許を受けるための試験

自動車の免許を取得するには、自動車学校へ行く方法があります。ここでは、法律などを学ぶ学科と実際の自動車を運転する実技を規定時間学び、それぞれの試験の一定基準をクリアします。その後、仮免許を与えられ、「仮免許練習中」というプレートを掲げて今度は実際の道路を使って実技を学びます。そして自動車学校の卒業検定を合格し、本試験で受験して合格した者が運転免許証を渡されて初めて自動車を運転することができます。自動車の運転は満18歳以上になるので、それ以下では取得することができませんが、高校生でも18歳になれば取得することができます。

自動車学校の試験の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車学校の試験の準備 All rights reserved