自動車学校の試験の準備方法

自動車学校の試験は、仮免と卒業検定があります。仮免は技能と学科、卒業検定は技能のみです。仮免では先に技能のテストを行います。技能の準備方法はテスト前に練習することはできませんから、とにかくイメージトレーニングしかありません。指定コースを渡されたらいままでの練習のイメージを思い出して自動車学校のコースをイメージしてください。卒業検定の技能ではまったく知らないコースを通りますから、人が出てきたら、停止車両があったら、追い越す場合、停車する場合をイメージしてどのように対応するかを考えてください。学科は、渡された問題集を完璧に解けるようにしましょう。

自動車学校で免許試験合格

自働車の免許取得のための試験といえば、大きく分けて3つあります。1つめは、いわゆる仮免。これがあると、教官に助手席に乗ってもらいながら自動車学校の外に出て、一般道で運転技術を学ぶことができるようになります。運転技術が十分かを、教官に見極めてもらうことによってパスできます。次に、自動車学校では卒業試験とも呼ばれる、一般道での運転技術も十分かを見るテスト。免許取得後にドライバーとして運転できるかを見極めるものです。これまでの2つは、自動車教習所でテストが行われるので、わざわざ免許センターへ行く必要はありません。これらを合格したら、最後に学科のテストを免許センターに受けに行き、パスした人が運転免許を取得できるのです。

自動車学校の試験の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 自動車学校の試験の準備 All rights reserved